“赤裸々” 

奴寿司へ

昨日は早起き??して人生初の天草へ。
迷った挙句、予約に遅れてはまずいので行きは高速で。
a0142066_8132748.jpg

a0142066_8132722.jpg

覆面さん、お疲れ様です。

松橋インターを降りてからが一本道で長いのです。。

やっと、来ました✨
a0142066_813265.jpg

a0142066_8132630.jpg


天草奴寿司にてGV鮨の試作&試食。
行きは高速。

来週は彼らがcainoyaにきます。
今日の修正点を踏まえて、完成させます。

❶GV鯛"アクアパッツァ"
❷GV炙り鰯"ベッカフィーコ"
❸GVしめ鯖"フランボワーズとブルーベリー"
❹GV煮穴子
❺GVモッツァレラ"カプレーゼ"
a0142066_813285.jpg

a0142066_8132923.jpg

a0142066_8132934.jpg

a0142066_8133065.jpg

a0142066_8133051.jpg

a0142066_8133181.jpg


"ガンベロロッソ""ムール貝とウニのパエリヤ"は来週。
a0142066_8133194.jpg


奴寿司、カマチ陶舗でお皿をオーダーしてきてます。提供方法やビジュアルも含めた次世代のガストロノミー鮨をやっていくのです。

そしてナポリとミラノでGV鮨を世界に向けて発表してきます。


a0142066_8132119.jpg

a0142066_8132221.jpg

かかし祭り。
町おこし、らしいです。

a0142066_8132388.jpg

a0142066_8132362.jpg

帰りはフェリーです。
a0142066_8132487.jpg

a0142066_8132461.jpg

今自分が地図上の何処にいるのか?
何時間後に鹿児島の何処に着くのか?さえ分からない状態でした。

そして少しや早く帰り着いた。
a0142066_8132576.jpg


ガソリン代5,000円
行きの高速代と帰りのフェリー代約5,000円。
奴寿司のおまかせ握り4,000円。
片道3時間。
はるかに交通費の方が高いね??
それでも行きたいレストラン、鮨屋。
また行きたいお店。
わざわざ行くお店。
そこに行かないと食べれない料理。
独自性。

cainoyaに通ってくださるお客様はその何倍もの時間とお金をかけて食べに来てくれるだよね。。ありがたいね。


そして。。。


昨日感じたこと。考えたこと。

【奴寿司とcainoyaの共通点】

九州、地方都市のお店。
お客様の多くが他県からわざわざ食べる為に来てくれる店。リピートしてくれる店。

しかし天草は、物凄い田舎です。。
松橋インターから一般道に入るのですが一本道。普段1時間かかる道がGWには4時間の渋滞になるそうです。。。逃げ道がないんだそうです。。東京から天草へ行く時間と労力は、、アジア諸国へ行くのと同じ。。と仰る奴寿司のリピーターさんもいるのだとか。
一方鹿児島は新幹線とLCCが整備されてアクセスはグンと良くなりました。

【街並み】
ぶっちゃけ、何もない街。。
奴寿司の車で5分圏内だけで鮨屋が10数軒あるそうですが、全国区のお店は2〜3軒でしょうか??洋食などは昭和のまま。。そんな田舎町で日本中から食べる為のお客様を集めている彼等のお店。ウチもそうですが、何処を見ているのか??地元も大事だけど、地元だけではないこと。。
住んでる地元の人達だけで埋まるお店とその大半が県外からのリピーターで埋まるお店の違いとは?
僕が滞在した数時間の間も引っ切り無しにかかる予約の電話を受けてはお断りしていました。。凄いですよね。

天草と鹿児島の長島が福岡の糸島みたくなれない理由。街から遠いこと。糸島は都市高速30分で大都市福岡からアクセスがいいからです。
天草も長島もいかに他所から観光客やお客様を呼び、街でお金を使ってもらうのか??泊まってもらうのか??そんな魅力的な街にしていかないといけないと思います。物産館レベルではなく。。

【天草の一番の問題点??と課題】
レストランと宿。
泊まる場所がないのです。あるにはありますが、わざわざ来られたゲストが素晴らしい食事の後に泊まる、それにふさわしい宿がないのです。
少なからず鹿児島はそこはクリアしてます。
ほぼ県外資本のビジネスホテルですがお手頃でキレイです。cainoyaからタクシーで1000円くらいで着く範囲です。

天草までわざわざ来て、美味しいお鮨食べてお酒飲んで、場末のビジネスホテルに泊まれば台無しです。。6時台にきて1人が飲んで1人は運転してササッと帰るお客様も多いとか。。実際僕もランチして18時46分のフェリーに乗って家に帰り着いたの9時ですからね。ディナーだったらどうなるのか??

cainoyaも、タクシーで現実に戻すのであれば、上のマンションの部屋で宿泊できないか??と考えた時期もあります。

そして彼等にこんな提案をしました。
若い経営者や柔軟な発想のホテルや宿はないのか??建て変えは出来ないけど、数部屋改装してもらい毎晩その部屋に奴寿司のお客様に泊まってもらうとか。
中途半端な改装で壁紙張り替えるなら、極シンプルに何もないTVもない部屋。その代わり極上のベッドと広いバスタブさてあれば。。
各自治体には様々な補助金や助成金もありますからね。その為にはキッチリした計画書が必要です。
cainoyaに食べるためだけに年間多くのお客様がいらっしゃいます。奴寿司もそう。
その為の、そこをキラーコンテンツとした観光誘致も面白いのではないでしょうか?
[PR]

by cainoya | 2015-04-22 08:05
<< 美咲BLACK piselli >>