“赤裸々” 

鹿屋へ

a0142066_1434028.jpg

昨日はお休み。
桜島フェリーで鹿屋へ。


桜島フェリーを降りて溶岩道路を走り、智子さんのお父さんのお墓がある大根占に向かいました。
ビックリするくらい何もありません。。
a0142066_1434253.jpg

さんぺい。
漁師のご主人が一人で営む自宅兼レストラン。
すんごい場所にあります。
定休日も営業時間も不定。
電話番号非公開。
行かないと食べられるのかすら分からないけど評判のお店です。
14時過ぎに着いたら、、売り切れでした。。
次はお昼には着くように来ないと
「何処から来たの?」
「鹿児島からです」
「ごめ〜〜ん」
とんでもない偏屈親父なのかと勝手に想像してましたがとても優しそうなご主人でした。

あ、同じ鹿児島県ですが、鹿児島って、鹿児島市内をいいます。
a0142066_1434425.jpg

ランチ難民にはなりたくない。。
大隈は鰻の産地ですから、ネットで調べたらお墓の近くに鰻屋さんがありました。が、、、
焼き置きかな。。冷めてて硬い。。二層になってるのかと思いきや、下は全部ご飯。。
ちょっと残念でした。。
こういう時って、働いたお金で、やってしまった。。
ととても後悔します。。
自分の店もそう思わせないように努力しないといけませんね。。

そして思ったのは、普通の田舎の飲食店はこんなもん。
若者がいないから街が動かない。
苦言や批判を言う人もいないわけだから、ずーっとそのままなんだろうね。。
なんでcainoyaが、自分がこうなったのか??
苦言や批判を言われたり書き込まれたりして悔しくて、もっと良くしたくて常に改良してきたから今がある。
特に、目の前で言って下さるお客様は言う方にも勇気がいります。どーでも良ければ言わないしもう行かない。
これでいい。。と思ったらダメですね。。


そしてお墓参りへ。
[PR]

by cainoya | 2015-07-22 14:31
<< ふくどめ小牧場 昨日の賄い >>