“赤裸々” 

GV鰻

a0142066_09325140.jpg



GV鰻とGV夏アスパラガス

賛否両論あるであろうこの鰻。
鰻丼の鰻を想像しないで。
皮はサクっと、噛むとパリパリ。
身はふわっと。
もちろん、次の課題が見えました。
そうやって季節の定番になっていくのですねえ。
天然でなくていいから、もっと身が厚い鰻だと、とんでもない皿になるよきっと。。

甘ったるくない。
実山椒のグレモラータでピリリ。

ハーブの盛り付けは美咲さん。

次仕込む時に詳しく説明します。
[PR]

by cainoya | 2015-07-31 09:31
<< 7月は今日まで Pairling for Ci... >>